河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応用理学部門の口頭試験
昨日に引き続きまして、応用理学部門(地球物理及び地球化学)の口頭試験の健忘録です。
本科目は、気象、地震、火山、地球電磁気、陸水(地下水を除く。)、雪氷、海洋、大気、測地その他の地球物理及び地球化学の応用に関する事項といった、選択科目からなります。
今年は、全国でも19名しか合格者がいないのですけど、こんなマイナーな部門があります。

ちなみに、測量の方は、測地として受験可能です。
筆記では、↓を記述しました。
業務1(概略)は、土砂災害警戒避難基準雨量
業務2(詳述)は、航空レーザー測量技術を用いた、内水氾濫の再現予測


=======ここから↓口頭試験メモ=========

平成22年12月某日
試験官は、3名。左からA、B、C
Aさんは、気象庁っぽい
Bさん(司会)は、技術士会?
Cさんは、コンサル

A 経歴と体験論文を、そうですね10分で述べてください。
C 詳述論文のような事例はほかにありますか
A 航空レーザー測量は、いつごろから導入されはじめましたか
C 航空レーザー測量は、どんな方法ですか。また、精度誤差はどの部分で発生するのでしょうか。

C 今後航空レーザー測量の精度が上がるというのは、どのような理屈で精度が向上するのでしょうか。
私 これは、人口衛星の打ち上げのことを述べた。

C (追加質問)人工衛星が多く飛ぶことと、航空レーザー測量の精度が上がることのつながりは?
C 他に応用は?。→砂防の流木量の算定について述べた。
C (追加質問)流木って何ですか?・・・えっ。
C 概略1の警戒避難基準雨量は、どんな内容ですか?発生分離線って、何に線を引くの?
C 連続雨量って累積雨量のこと?・・・えっ。
C X軸が積分で、Y軸が微分ということですか?
C 何年間、この基準雨量を運用したの?

C 最近、気象庁と連携した手法がありますが、それは考えなかったんですか?
私 土壌雨量指数がまだ運用されていない時だったので、、。

C 業務2に話しを戻しますが、航空レーザーは歩行人への目に危なくないか?
私 じ~と見てたら危ないけど、とか、高度2000mの飛行なら地上に落ちるレーザー光線は60cmぐらいの直径の円になるとかを述べた。結構、食いついてきた。

C 今後の展望のところで、「実際に市街地で氾濫した内水の水位標高を計測していくことができれば、河川水位標高と内水の水位標高との相関を解析する等」って書いてますが、これは、内水氾濫と○○川の水位との関係式をつくるという意味の部分?
C 海外でも、内水氾濫とかあると思いますが、何か海外で御経験とかありますか?
B AとCを見て、他に何か質問ありますか?では、航空レーザー測量の応用は、他に事例を挙げてください。
B 航空レーザーを飛ばす飛行機とか、実物をみたことはありますか?
C 専門が応用理学の陸水というなんで、一応、ききますね。流量の出し方はどのようなものがありますか→HQ式の説明をした。
C (追加質問)他にありませんか
私 合理式のことを説明

C 標準貫入試験は、どんな試験ですか?
私 ボーリングで併用する試験。63.5kgの錘を落下させ、30cm貫入する回数・・。

C 倫理で何か話題にあるものは?守秘義務と公益確保に相反するような経験はありませんか。
C CPDはどんな方法で?
B この論文は、学会で発表されましたか?
B あなたの専門の中で、ほかに技術士として相応しい業務を述べてください。
B 技術士法について述べてください。

==============ここまで==============


謹賀新年
新年、明けましておめでとうございます。
今日は、成人の日ですね。

去年は、後半から忙しくなってきまして、年度末まで忙しい日々が続きそうです。
ここ数日は、つくづく、見識が低いなと、自ら反省するようなことが続いています。
さて、例年ならそろそろ添削講座を開こうかと思う時期ですが、今年の添削講座はお休みしようかと思っています。

といいますのは、今年は、4月、5月まで引き続き、実務が忙しく、添削にかける時間が充分ではないからです。
ただし、日々のニュースで気になったことや、自分の日記等は、思いついた時に記載していきたいと思います。
年度末を乗り切り、日々精進したいと思います。



利上げ
今年も、あと1週間で終わります。
今年は、色々なことが世の中でありましたね。

ところで中国が、色々と牙をむき出して、本性を見せ始めましたけど、今日から0.25%の利上げを行うことになりました。
これで、世界中の銀行も、さらに利上げをせざるを得なくなりますので、不況の欧州も大打撃でしょうけど、世界中で利上げに大して最も脆弱な日本も困ります。
日本の場合、なんせ、1%金利が上がるだけで、国の借金が9兆円も利払いで飛んでしまいますからね。住宅ローンもヤバイことになります。
中国も、利上げせざるを得ないほど、インフレが激しいということみたいですけど、なりふり構っていられないほど、困窮状態なんでしょうが、こんな爆弾を放つとはね。

日本相互証券株式会社のHPを監視していけば、世の中で起こっているニュースで、長期金利が反応するので、色々と参考になります。

昨夜、NHKで、若者の就職難を取り上げた討論番組をしていました。来年以降、さらに就職難となるでしょうし、優秀な外国人と競争していく必要があります。
日本の若者は、大学でコンパに明け暮れて騒いでいるうちに、がむしゃらに勉強する外国の若者と、実力に差が開いてしまったようです。
企業側も、人件費が高く働かない日本人を採用するよりは、日本人の半値以下でも優秀な成果を収める外国人を採用するというのは、当たり前な現実です。したがいまして、その流れにのるためにも、各家庭でも、子供に対して、グローバルな時代で生き残っていくための厳しさを徹底的に教育していく必要があると思っています。
レアアース
尖閣諸島問題で、レアアースが話題にのぼっていますね。
日本は、レアアースを、中国からの輸入に頼っていますが、ここを制限されると、実質的に兵糧攻めにあっているようなものです。
レアアース・・、そういえば、学生の頃、岩石鉱物学のゼミにいましたので、岩石中のレアアースの分析とかをしている人をみていました(私は、レアアースの分析とかはしていませんが)。当時は、全く勉強しない学生だったので、記憶が飛んでおりました。

さて、レアアースを中国から輸入せずに済む方法を考えるのは、研究者やエンジニアの役割でして、そこは技術的な課題になろうかと思います。日本及び日本近海には、マンガン鉱床というものが沢山あるのですが、その中にも、レアアースは多いことが最近の研究で分かってきています。

マンガン鉱床の研究

今後は、このような研究分野にもっと投資し、中国に対し、日本の研究者・技術者の底力を見せつけてほしいと、思います。また、日本は、技術立国を目指しているのですから、目先の研究費を削るのではなく、地道な分野でも研究費をつけてもらいたいものです。

しかし、海上保安庁は、これから尖閣諸島付近でどのような方針で警備していけばよいのか、困惑するでしょうね。それと、中国に拘束されたフジタの社員も、無事に戻ってこないことには、日本の技術者は、ODAとかで怖くて中国に行けないですね。
避難勧告
先日、ニュースでもありましたが、各自治体における避難勧告の発令基準を設けているのは、4割程度だそうです。
http://www.fdma.go.jp/neuter/topics/houdou/2103/210327-1houdou.pdf

先日の津波の時も、避難勧告の発令が問題となりました。
また、昨年の山口県で老人ホームを襲った土石流の時にも、避難勧告の発令が問題となりました。
さらに、昨年の兵庫県作用川でも、避難時に被災するようなこともあり、必ずしも避難場所に逃げるべきでなく、自宅の2階に留まったほうが安全であるといったことも議論されはじめました。

今後は、各自治体において、合理的に避難勧告を発令していくことを検討していくことが望まれると思います。

試験の設問としては、↓も想定しておいたらよいと思います。
「わが国において、水害時のソフト対策の課題と、今後のあり方を述べよ。

なお、↓は、よい資料なので、ご参考ください。
http://www.bousai.go.jp/3oukyutaisaku/kentoukai/index.html
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。