河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2008年お疲れ様でした
30日~2日にかけて、実家に帰省するため、しばらくネットから離れます。

さて、2008年が終わろうとしています。
この1年は、春から秋にかけて暇でしたが、秋以降は、忙しくなってきました。しかし来週から、年度末にかけては、土日返上になりそうです。

ところで来年は、どのような年になるのでしょうか。
現時点の流れから想像すると、国内では、
・政権交代が起こる。
・デフレなので、国債発行で国内の公共投資が活発に行われる。
という雰囲気ですね。

また、国外では、アメリカ発の恐慌が間違いなく起こります(断言)。
具体的には、サブプライム層だけでなくプライム層までも住宅ローンを返せなくなり、CDS問題が深刻化するのは避けられそうにないからです。アメリカは、0金利なので、ドルが更に暴落する可能性が高いのです。
そのため、アメリカという市場が無くなった日本にとっては、今後、景気が上向く要素が見当たりません。

そんな国内外の社会環境では、建設分野のどのような分野に、お金が回るのでしょうか。
それと、どんな分野に、お金が回らなくなるのでしょうか。
このことを、自分の頭で突き詰めると、建設一般の論点が明確になると思います。

建設一般では、「課題、あり方、おわりに」は、他の受験生でも、ほとんど同じような内容になる場合が多いです。つまり、相対評価としての差が生じにくいということです。
それでは、どこで相対的な差が生じるのかといえば、「はじめに」の論点だと、私は考えています。
つまり、建設一般では、自分が準備した論文と、設問とのストーリーをうまく繋げるテクニックが重要となります。また、「はじめに」のネタは、世界経済のような社会情勢に対し日頃から関心を持つと、引き出しが増えてくると思います。

それでは、よいお年を!
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
お疲れ様でした
今年は大変お世話になりました。

政権交代が起きると、官僚とのパイプが弱い民主ではしばらくは、社会福祉に集中し、地方の公共投資は増えないでしょうね。地域の生活が一番と訴えていますが。議会運営もうまくいかないでしょう。
そして、イスラエル。これにイランがいらんことして、アメリカと戦争になったら・・・。No More War

アメリカが暴落すると、ユーロ圏は賢いな~と思います。それに比べて、中東の民族は。

来年も地道に頑張っていきましょう!
2008/12/30(火) 08:11:38 | URL | 尚草紙 #-[ 編集]
尚さん
アイスランド、韓国、ロシアがデフォルトに直面しているようですし、どの国も台所事情は火事のようですね。戦争だけは、避けてほしいです。

来年も、よろしくお願い申しあげます。
2008/12/30(火) 08:35:08 | URL | エフさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/76-9d43f7ac
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。