河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
もしかして景気が悪い?
初秋ですね。
朝晩が肌寒くなってきました。

今年は、私の周りで転職の話が実に多いです。夏頃まで、どなたに聞いても、仕事がなく、暇とのことです。建設コンサル業界も、低価格の話で持ちきりです。
私は、風下にいるエンジニアなので、入札制度がこれほど変化したというのを、ごく最近知りました。低入で受注すれば、審査のために業務着手が1ケ月も遅れるので作業日数が短くなることや、点数評価では-10点を課せられるとのこと等、低入受注者にデメリット感があるようです(国交省だけ?)。ますます行政の考えていることが、よく分からなくなってきました。
それはさておき、公共事業が減少し、建設コンサル業界も行き詰ってきたような雰囲気を感じます。
建設コンサル業界は、その昔は直営で作業をしていたのが、いつの間にか体制が代わり、1人あたりのノルマが大きくなりました。そのため、エンジンアとしては、外注管理、原価管理、ISO等のマネジメント能力は高まったのでしょうが、実務能力は相当低下しているように感じます。
公共事業の拡大で、体制がバブルになっていたのでしょうね。しかし、バブルは、いつかは弾けるものです。
話を変えますが、アメリカは、その昔、世界に誇る工業技術を持ち、製造業も盛んだったけど、アジアという低賃金国家に実務を外注し、自分達は、金融というバクチの世界に体制が変わってきたようです。しかし、GE(ゼネラルモーターズ)は破綻寸前ですし、金融バクチも失敗したので、恐慌寸前のようです。国策として、せめて、実務で汗をかくようにしておくべきだったと思います。

建設コンサル業界とアメリカが、どうも重なって見えてしまいます。
毎日、寝る前に、自分の足で現場を歩き、自分の頭をひねり、手を動かすというような生産作業をしたのかを振り返るのは、大切です。
1日を振り返り、生産性の低いことばかりしている人が多い業界は、単なるバブルなので、衰退するのでしょうね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
そのとおりですね。

ここで、気になるのが役所。役所が業務を供給するのか、社会がエンジニアを要求するのかです。受注は役所からなので、役所が仕事を出さないとエンジニアはほとんど生き残れません。
2008/09/27(土) 20:05:13 | URL | 尚草紙 #-[ 編集]
尚さん
社会に歓迎されるような公共事業をしたいものです。
2008/09/27(土) 21:28:24 | URL | エフさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/60-47f5527e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。