河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
検証 AグループⅠー1
AグループのⅠー1では、以下の出題でした。

「源流部から海岸までの土砂管理の現状と課題、今後の目指すべき方向性について整理したうえで、あなたの得意とする分野で具体的な課題を設定し、それを解決するための具体的な推進策について述べよ」

いわゆる流砂系の問題です。
同類問題は、H3,H4,H5,H7,H9,H11,H13,H15と、だいたい2~3年おきに出題されています。
H19 の設問も、論文の原形は共通しています。

この問題は、非常に出題頻度が高いタイプです。今年の特徴では、あなたの得意とする分野で、という気になる言葉が入っています。
こういう部分を見逃し、準備した論文をそのまま記述すると、題意から離れた解答に陥ります。これは、出題者の細かな引っ掛けなのかな、と感じています。
流砂系については、検索エンジンで探せば、沢山ネタがでてくるので、あえてHPは紹介しません。来年以降も、題意を少し変形させて、出題されると思います。

追伸
試験前に紹介したこの内容が参考になります。
8/14~8/18は、ネットから離れます。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
これは
海岸海洋技術者には、選択の余地はありませんね。
2008/08/13(水) 00:22:57 | URL | 古市 #-[ 編集]
古市様
こんにちは^^。

海岸海洋技術者ですと、
漂砂による河口閉塞、砂州の後退による塩水遡上、海岸侵食によりる国土の消失・・・、といった所を「海岸海洋分野で具体的な課題」に設定することになります。
「それらを解決するための具体的な推進策」としては、海岸海洋だけで対策できる問題ではないので、例年通り、総合土砂管理の記述になると思います。
流す砂防、ダムの排砂システム、排砂バイパス、堆積している河道の土砂を河床低下している箇所へ活用するシステム、といったキーワードが入ると思います。
↓この内容です。
http://www.h4.dion.ne.jp/~jssf/text/doukousp/pdf/200803/0803_5253.pdf
2008/08/13(水) 08:12:50 | URL | エフさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/56-16ee52db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。