河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人口爆発
1バーレル200ドルの世界が、現実味を帯びてきたようです。
ガソリン代も170円/Lを軽く突破しそうです。穀物等の物価もどんどんと上昇しているのですが、このインフレ傾向は、いつまで続くのでしょうか。
ちなみに、地球上の人口は、↓のように増加し、ここにきて人口爆発が発生しています。
1万年前             500万人
4000年前           5000万人
2000年前           2億人
300年前(西暦1700年)  6億人
200年前(西暦1800年)  9億人
100年前(西暦1900年)  16億人
現在   (西暦2000年)  61億人
西暦2025年予測      80億人以上
西暦2050年予測      90億人以上
これだけ地球の人口が増えるのなら、どう考えても、食料、水、原油の奪い合いになることは、避けられません。お金を刷って刷って刷りまくっても、地球の資源が人口爆発に追いつくことはないのですから、当然、インフレになるのです。
そうなれば、インフレを抑制するために、金利が上昇していくのは避けられません。
インフレにならない理由を考えるほうが、難しいところです。

貧乏国では、外国から資源を買う余裕はないので、食料自給率が自然と高まってきます。そういった意味で、日本の第一次産業は、将来性が高い分野ですね。
したがって、今後は、「汚染された水を綺麗な水にかえる技術」、「生産性の高い農業技術」、「水産の養殖技術」等も、それに伴って発展する技術ではないでしょうか。

個人的に、NPOで水産資源を復活させる活動をしているので、このあたりは、非常に興味深い内容です。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/42-60c277a5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。