河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
巨大地震
中国で巨大地震が発生しました。
私は、中国は地震が発生しにくいものと認識していましたが、東大教授の解説を聞いて理解できました。現地は、山岳地帯と盆地が広がっていて、山岳地帯と盆地との落差は、5000m以上もあるらしいです。
被災地の盆地は、砂礫台地だそうです。砂礫台地とはいえ、表層には、シルト粘土が厚く堆積していたのかな?
砂礫台地だからあれだけで済んだものの、日本の沖積平野のような軟弱地盤だったならば、砂礫に比べて揺れが増幅しますから、もっともっと揺れたことでしょう。

ところで、地震発生前に、↓のような鮮やかな雲が現れたそうです。
中国語をそのままyahoo翻訳すると、こんなタイトルでした。

「5月12日の甘粛天水の地震の前で半時間空は彩雲が現れます」
http://www.youtube.com/watch?v=oAfKJNXodyo&feature=related

地震雲って、不思議ですね。警戒避難体制に使えないかなぁ。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
日本の中国への人的支援が決まりましたね。ユーラシア大陸の真ん中が揺れるとは。
2008/05/15(木) 19:47:41 | URL | 尚草紙 #-[ 編集]
しかし、死者数万人になるとは、大惨事ですね。数百KMで、M7.9ということは、日本に当てはめると、四国の吉野川沿いに走っている中央構造線断層帯が一斉に動くようなものです。
そんな大断層がユーラシア大陸にあるとは・・。
2008/05/15(木) 22:17:50 | URL | エフさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/41-4acd129b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。