河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
港湾が土砂で埋まるぅ
VFSH0117.jpg


今日は、桜が満開で暖かいですね。
さて、私の家の裏は、海岸なんですが、よく散歩するコースに漁港があります。
2年ぐらい前からでしょうか、港湾内に砂が溜まりはじめました。携帯から撮影したので、小さいかもわかりませんが、車が止まっている所は、車止めの部分でして、その右側は、数年前まで水深が5mぐらいあったと思います。そこで、車を止めて、よくサビキ釣りをしたものです。
しかし、現在は、写真の通り、砂浜になってしまいました。そのため、船が座礁しそうなぐらいです。
まあ、何処かの大手コンサルがこの対策なり対応を検討しているとは思いますが、砂はどこからやってきたのでしょうか。
ここの海岸は、サンドリサイクルをしている有名な所なんですが、土砂供給量のバランスが崩れると、こんなとこになるんですね。
毎年のように技術士(河川砂防海岸海洋)試験では、「源流から海岸に至る」というキーワードで、流砂系が出題されるんですが、身近な所を観察し、自分なりの分析をしてみると、文章に説得力が沸くことでしょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
流砂系土砂管理
当講座受講生Nです。
お世話になってます。おかげさまで勉強も進んでます。

ところで、写真は有名な温泉の近くのK漁港ですか?
流砂系の土砂管理の各領域での原因は大きく2つあると思います。
・ダムや河川改修により、掃流力が減少した。
・構造物(ダム、砂防えん堤、港など、で土砂の連続性が阻害された。
いかがでしょうか。

すべて、人間が利便性を追求した結果です。技術者としては、これらの課題を解決していく必要があると感じる今日この頃です。
2008/04/12(土) 16:52:04 | URL | N #-[ 編集]
Nさん
こんにちは。
そうそう、その場所です。たしかに、利便性追求の副産物なんでしょうね。
ところで、土砂の堆積状況ですが、風で運ばれたんじゃないかなぁ、と思える所もありました。水を媒介に漂流砂が移動するものと思い込んだりしていましたが、北西の風が強いと、砂がフェンスを乗り越えて、港に溜まってました。
モニタリングすると、何か発見がありそうな所でした。
2008/04/12(土) 17:30:24 | URL | エフさん #-[ 編集]
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/34-e57a5ad2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。