河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
総監
お久しぶりです。
あっという間に、7月中旬ですから、あと約3週間で、二次試験があります。

今日は、総監について書いてみます。
総監は、択一と筆記の平均で6割あれば良いと言われています。そうであれば、択一で点数を稼ぐことができれば筆記が6割未満でも合格するということになると思います。
しかし本当のところ、どうなのかは不明です。
私の過去の総監受験では、択一が70点ぐらいで筆記の手ごたえが60点ぐらいの年がありましたが、不合格でした。そういうのが、2、3年つづきました。
択一7割で、筆記が6割はありそうにもかかわらず、不合格でした。周りにも、そういう方が多くおられます。
したがいまして、本人が6割ぐらいの出来栄えでも、試験官の評価が相当低かったことがわかります。
そのため、筆記に関して、試験官は、論文の優劣を明瞭にし、点数を分散させているように思えます。曖昧で6割前後の点数はなく、20点代か80点代か、30点台か70点台か等の付け方のように思っています。もしかしたら、0点か100点か・・、それはないか。
ともかく、択一で稼いだとしても、論文で劣になれば、即不合格となるのかと思っています。択一は重要ですが、論文はそれ以上に重要でしょうね。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/202-adca4989
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。