河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
応用理学部門の口頭試験
昨日に引き続きまして、応用理学部門(地球物理及び地球化学)の口頭試験の健忘録です。
本科目は、気象、地震、火山、地球電磁気、陸水(地下水を除く。)、雪氷、海洋、大気、測地その他の地球物理及び地球化学の応用に関する事項といった、選択科目からなります。
今年は、全国でも19名しか合格者がいないのですけど、こんなマイナーな部門があります。

ちなみに、測量の方は、測地として受験可能です。
筆記では、↓を記述しました。
業務1(概略)は、土砂災害警戒避難基準雨量
業務2(詳述)は、航空レーザー測量技術を用いた、内水氾濫の再現予測


=======ここから↓口頭試験メモ=========

平成22年12月某日
試験官は、3名。左からA、B、C
Aさんは、気象庁っぽい
Bさん(司会)は、技術士会?
Cさんは、コンサル

A 経歴と体験論文を、そうですね10分で述べてください。
C 詳述論文のような事例はほかにありますか
A 航空レーザー測量は、いつごろから導入されはじめましたか
C 航空レーザー測量は、どんな方法ですか。また、精度誤差はどの部分で発生するのでしょうか。

C 今後航空レーザー測量の精度が上がるというのは、どのような理屈で精度が向上するのでしょうか。
私 これは、人口衛星の打ち上げのことを述べた。

C (追加質問)人工衛星が多く飛ぶことと、航空レーザー測量の精度が上がることのつながりは?
C 他に応用は?。→砂防の流木量の算定について述べた。
C (追加質問)流木って何ですか?・・・えっ。
C 概略1の警戒避難基準雨量は、どんな内容ですか?発生分離線って、何に線を引くの?
C 連続雨量って累積雨量のこと?・・・えっ。
C X軸が積分で、Y軸が微分ということですか?
C 何年間、この基準雨量を運用したの?

C 最近、気象庁と連携した手法がありますが、それは考えなかったんですか?
私 土壌雨量指数がまだ運用されていない時だったので、、。

C 業務2に話しを戻しますが、航空レーザーは歩行人への目に危なくないか?
私 じ~と見てたら危ないけど、とか、高度2000mの飛行なら地上に落ちるレーザー光線は60cmぐらいの直径の円になるとかを述べた。結構、食いついてきた。

C 今後の展望のところで、「実際に市街地で氾濫した内水の水位標高を計測していくことができれば、河川水位標高と内水の水位標高との相関を解析する等」って書いてますが、これは、内水氾濫と○○川の水位との関係式をつくるという意味の部分?
C 海外でも、内水氾濫とかあると思いますが、何か海外で御経験とかありますか?
B AとCを見て、他に何か質問ありますか?では、航空レーザー測量の応用は、他に事例を挙げてください。
B 航空レーザーを飛ばす飛行機とか、実物をみたことはありますか?
C 専門が応用理学の陸水というなんで、一応、ききますね。流量の出し方はどのようなものがありますか→HQ式の説明をした。
C (追加質問)他にありませんか
私 合理式のことを説明

C 標準貫入試験は、どんな試験ですか?
私 ボーリングで併用する試験。63.5kgの錘を落下させ、30cm貫入する回数・・。

C 倫理で何か話題にあるものは?守秘義務と公益確保に相反するような経験はありませんか。
C CPDはどんな方法で?
B この論文は、学会で発表されましたか?
B あなたの専門の中で、ほかに技術士として相応しい業務を述べてください。
B 技術士法について述べてください。

==============ここまで==============


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/187-6a556ca1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。