河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ゲリラ豪雨対策
梅雨末期で蒸し暑いですね。
ここ最近、時間雨量100mmを越えることが当たり前になってきまして、最近では、ゲリラ豪雨とか呼ばれています。神戸市都賀川で発生したゲリラ豪雨も、この時期でしたね。
さて、国土交通省は、ゲリラ豪雨対策として、XバンドMPレーダ雨量観測所の運用を開始しました。
これは、ほぼリアルタイムの1~2分間隔で更新されるそうです。
地下街など浸透しやすい場所から避難するかどうかの判断や、河川の氾濫危険水位予測に役立つものと思われます。
これまでのように、転倒マスの雨量計ではなく、雨粒にレーダ波を当てた観測だそうです。なんとなく、原理は分かりますが、まだまだ、発展途中の技術のようですね。
雨量予測技術は、どんどんと向上していますが、その雨量から河川水位・流量へ換算するモデルが難しく、研究レベルで足踏みしているようなところでしょうか。

さて、16日~19日と、携帯からメールチェックは可能ですが、添付ファイル送受信ができない場所におります。そのため、少し返信が遅れる可能性があります。
試験まで、あと少しですから、頑張りましょう。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/161-ab5ab3f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。