河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
ツイッターを使った避難勧告とか・・・
最近、ツイッターが盛んにはやっておりまして、置いてけぼりになっています。
私は、29歳の頃(1998年)に、はじめてホームページを作り始めました。
その頃は、全く技術士とは無関係の、趣味のホームページでした。それでも、趣味仲間が掲示板で意見交換するうちにつれ、次第に仲間が増殖し、年齢や職業とは無関係の関係ができました。
さて、35歳の頃(2004年頃)に、趣味人間から仕事人間へと少しづつ変わりまして、気がつけば趣味のホームページは放置状態となってしまいました。その頃から、ブログへと切り替わりました。ブログは、一度やめ、また再開して今に至ります。
ところが、最近は、鳩山総理でさえ、ツイッターでつぶやいているそうですね。
原口総務大臣もツイッターをしているとかです。
私は、まだやっていません。

さて、ツイッターは、洪水や土砂災害対策としても、現場の前兆現象の把握にも使えるとは思います。
たとえば、避難勧告・指示の発令を、専門外の市町村長が発令するためには、降雨や水位等の水文的な指標がその基準となります。
しかし、水文だけでは、空振りがどうしても付きまといます。
そのため、現場状況の様子を観察しつつ、土砂災害の前兆現象等も避難勧告等の発令の判断材料にし、空振りを減らすことが今後の課題です。
そのために、このツイッターは、様々な使い道に可能性があると思います。
http://www.bosai.go.jp/news/press_release/20100511_01.pdf

今度、どこかで、誰かに提案してみようかな。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/155-a3141542
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。