河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
そろそろ災害がテーマが
最近の私は、地震に絡んだ仕事ばかりしていますので、地震の知識が蓄積してきました。
さて、地震をトリガーとして、山間部では、落石や斜面崩壊が発生することは、よく知られています。四川省大地震時には、地震湖ができたりしましたので、天然ダムが決壊すれば洪水へと発展することが心配されました。
マグニチュード6といえば、広島型原子爆弾が約1個相当のエネルギー、マグニチュード7といえば原爆約30個、マグニチュード8は原爆約1000個に相当します。また、チリ地震(Mw9.5)では原爆が約17万個・・。
まあ、運動エネルギーと熱エネルギーの違いはあるのでしょうけど、だいたいこんな程度だそうです。
兵庫県南部地震では、マグニチュード7.3なので、断層に沿って原爆が約30個爆発したような感じだったのでしょうか。そう考えると、山が崩れるのも、不思議ではありません。
ここ数年は、世界規模でマグニチュード8クラスの大地震が発生しているので、あぁまたかぁ、と慣れてしまいましたが、毎年、地下で原爆数千個が爆発しているようなものですね。恐ろしい話です。

ところで、建設一般では、時々、地震対策が出題されます。
H16「巨大地震の発生が懸念されるなかで、地震防災対策の現状と課題について述べるとともに、今後のあり方についてあなたの意見を述べよ。」
H17「災害に強い国づくりのための社会資本整備のあり方について、あなたの意見を述べよ。」
H18以降は、地震がテーマとなったものが出題されていません。

そろそろ忘れた頃に・・・。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/141-ac9949d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。