河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
投資
今日は、口頭試験も終わり、午前中はまったりしています。昼から仕事ですが。

さて、ガソリン暫定税率で、政治家の攻防が熱を帯びてきました。
自民は、道路整備やメンテナンスで、財源が必要とのことですけど、国民のアンケートでは、もう道路は要らないという声もあるようです。

ところで、投資先は、道路以外にないのでしょうか。
この先、日本がどうなるのかは、よく分かりませんけど、アメリカの失速で、日本も、更に落ち込む可能性もあるし、BRIC'Sに抜かれる勢いです(もう抜かれているのかな)。
そうなれば、経済破綻後に、BRIC'S相手の商売として、日本に何が残るんでしょうか。

私が思いつくのは、日本の科学技術力です。

BRIC'Sになくて、日本にある技術が何でしょうか。汚染水の処理技術、重金属の精製技術、CO2が排出されない車、水確保技術・・、色々あるはずです。まずは、発展する国々のニーズを掴むことが大切なんじゃないでしょうかね。そういうのに投資するのが良いのか、道路整備に投資するのが良いのか、その他のに投資するのが良いのか、根本から議論してほしいですね。ガソリン暫定税という呼び方をやめて、科学技術開発税でもいいです。
そのような分野の技術開発や研究に投資するために、暫定税率は維持するというのなら、私は納得して高いガソリンを払ってもいいですヨ。

スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/14-c99c0d8c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。