河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
映画みてきた話
先日、ナイトシアターで「アバター」を見てきました。
驚くほどのシチュエーションで、映像もよく、どんどんと引き込まれました。
主人公が違う星にいき、夢の中で「アバター」を操作し、原住民としてジャングルで生活していくという話ですけど、危険な猛獣が突然現れたり、手に汗を握る展開でした。
人類が誕生してから約500万年だったと思いますけど、我々のご先祖さんも、死と隣り合わせの生活をしていたのでしょうか。死と隣り合わせの生活は、今の私達には、ありえないのですけど、外国では当たり前の地域もあるようです。
それに比べ、私の場合は、忙しくとも仕事があり、食事が摂れる、寝る場所もある、時間を作って映画鑑賞もできる、猛獣等が突然現れない・・・よくよく考えたら平穏な時代ですね。

ところで、私の場合、今年は、年度またぎの業務も数件抱えていますので、4月から急に仕事が無くならないのですけど、中には仕事が無くなる人も居られるようです。仕事があり、生活ができるということは、素晴らしいことです。
20代の頃は、こんな発想がなく、ただただ、忙しさを逃れようとしていましたけど、最近は忙しいことに感謝するようになってきました。まあ、単に年を取ったので、危機感が芽生えてきたのかもしれませんね。
来年度の公共事業の発注状況は、これまでの情勢と異なる可能性はあり、技術士会でも心配するような話であふれかえっています。
しかし、それは減収に耐えられない会社組織の運営として厳しいのであり、ある程度のスキルを持っている個人単位では、全く心配する必要はないのかなと思っています。ある程度のスキルがないと厳しいかもしれません。
それと、今後は、経済が縮小していくので過去の収入を維持するのは、到底不可能であり、その7割・・・6割・・・半分ぐらいになる覚悟が必要です。つまり、人生設計を大きく設計変更することが迫られます。
その設計変更に見通しがつけば、来年度以降の変化なんか、怖くもなくなります。

なんか、思いつくまま適当に書いていたら、話が散乱しましたね。


スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/139-a4dc1ef0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。