河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大型公共工事の中止
50年前の今日は、伊勢湾台風で死者5000人、負傷者39000人といった大惨事が発生したそうです。

それはそうと、八ツ場ダムに引き続き、川辺川ダムの建設も中止になりそうです。
ダムは投資効果が低いと思われたのでしょうか。
八ツ場ダム反対の立場の団体のHPを見つけました。
http://yamba-net.org/
ダム計画の問題としましては、過大な財政負担のようです。巨額の費用は国税として一般国民に、また都県民税、水道料金として将来にわたって重くのしかかるようです。
また、カスリーン台風再来時の洪水ピーク流量が、ダムがある場合もない場合も同じで、八ツ場ダムによる削減効果がないといったことも、中止の判断材料になっているようです。

事は数千、数万人の地域住民や地権者の問題ではなく、1億数千万人(国民全体)の問題ですから、最後は政治判断になるのでしょうね。
まあ、今政権では、子供手当てや高速道路無料化等、マニフェストを実現させるために、各地で中止となる公共事業が、来年以降、更に沢山出てくる勢いです。
これを一般家庭に当てはめてみますと、子供の塾代や仕送りのお金を捻出するために、車の買い替え、木造家屋の耐震化等を中止するようなもので、家計のバランスを取ろうとしているのでしょうね。
これからは、公共工事ばら撒きによるGDP押し上げ策が、無くなるのかもしれません。

口頭試験までに、大型公共工事の中断について、持論を持っておく必要があります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://petensaku.blog88.fc2.com/tb.php/124-9a54beab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。