河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
利上げ
今年も、あと1週間で終わります。
今年は、色々なことが世の中でありましたね。

ところで中国が、色々と牙をむき出して、本性を見せ始めましたけど、今日から0.25%の利上げを行うことになりました。
これで、世界中の銀行も、さらに利上げをせざるを得なくなりますので、不況の欧州も大打撃でしょうけど、世界中で利上げに大して最も脆弱な日本も困ります。
日本の場合、なんせ、1%金利が上がるだけで、国の借金が9兆円も利払いで飛んでしまいますからね。住宅ローンもヤバイことになります。
中国も、利上げせざるを得ないほど、インフレが激しいということみたいですけど、なりふり構っていられないほど、困窮状態なんでしょうが、こんな爆弾を放つとはね。

日本相互証券株式会社のHPを監視していけば、世の中で起こっているニュースで、長期金利が反応するので、色々と参考になります。

昨夜、NHKで、若者の就職難を取り上げた討論番組をしていました。来年以降、さらに就職難となるでしょうし、優秀な外国人と競争していく必要があります。
日本の若者は、大学でコンパに明け暮れて騒いでいるうちに、がむしゃらに勉強する外国の若者と、実力に差が開いてしまったようです。
企業側も、人件費が高く働かない日本人を採用するよりは、日本人の半値以下でも優秀な成果を収める外国人を採用するというのは、当たり前な現実です。したがいまして、その流れにのるためにも、各家庭でも、子供に対して、グローバルな時代で生き残っていくための厳しさを徹底的に教育していく必要があると思っています。
スポンサーサイト
他部門の紹介
今年度は、年度末の完成の目処がどうしても立たない業務があり、久しぶりにはまりそうです。
と、毎年いっているような気がしますので、なんとかなるでしょう。

今年も、残り僅かですけど、来年度の試験の準備は、早めにしたほうがよいです。
この時期は、来年の受験科目を考える頃だろうと思います。

さて、「河川砂防及び海岸・海洋」と、やや重複する分野を紹介してみます。
それは、↓。
部門:応用理学部門
選択科目:地球物理及び地球化学
専門:陸水

問題をググると、こんなのが拾うことができました。
http://homepage2.nifty.com/whitewell/2010ouyorigaku_chishitsu.pdf
水の挙動を対象とし、計画や評価をするような方なら、比較的、狙えるのではないでしょうか。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。