河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
設問の傾向
今年は、河川以外では、道路でも傾向がガラリと変わったそうですね。
この変わりようは、何だろうか。合格率に、どのように影響してくるのだろうか。
色々と、思いが巡る所です。

さて、ここ数年分、河川砂防及び海岸海洋の最終合格率を整理してみますと、↓の通りです。
合格率
H12-13.3%
H13-10.7%
H14-15.2%
H15-12.6%
H16-14.9%
H17-11.5%
H18-11.3%
H19-8.8%
H20-12.7%
H21-11.6%

ここ10年の平均合格率は、12.25%です。
H19は、8.8%ですけど、これは、試験制度が変わった年だったかと思います。H13も10.7%で割りと合格率が低い年ですが、この年も、試験制度が変わった年でした。
この合格率がガクンと下がった年は、記述枚数が減りましたけど、設問の傾向は、それほど変わりませんでした。でも、記述枚数が変わっただけで、こんなにもガクンと下がってしまうもんですね。
それなら、今年は、滅茶苦茶、合格率が下がってしまうのかも知れません。

ここからは、私の勝手な想像です。
河川砂防の答案は、以下の2点から、論文のレベルが全体的に向上していってるはずです。
①H19以降、問題の傾向はそれほど変わらないけど、記述時間に余裕が出来てきたため、論文の記述レベルが全体に上がった。
②インターネットで、同じような論文が出回ったので、論文のバラつきが少なくなった。

河川砂防の答案は、どの論文も、A評価相当の論文ばかりとなり、AとBの明確な境界ラインがなくなってしまったのではないかと、思います。
そのため、A評価とB評価の明確な違いができるように、問題を根本的に捻ったのかもしれません。
もし、これで、採点者が楽にA、B評価を振り分けることができ、結果的に合格率が10~15%ぐらいに収まってくれたら、来年度も同じような傾向が続くと思います。

これは、受験生が多く、ネットでの情報も多い道路部門も、共通しているはずです。

スポンサーサイト
中国の大水害
試験の余韻が残っているでしょうが、ここは、次に向かって気持ちを切り替えましょう。

さて、中国で、とてつもない土砂災害が発生しましたね。確かこの地域は、四川大地震で地盤んが緩んでいる所ですね。
断片的にニュースを見聞きしたので、どこまで正確な情報なのか分かりませんけど、ビルの4階まで土石流が上がってきたとのことです。別のニュースでは、河床から計れば10mもの厚さで土砂が堆積しているそうな。
しかも、2000人が行方不明だそうです。
土砂災害が発生した場所は、どんな地形なのかわかりませんけど、白竜川という河川が止められたそうですね。
こんなニュースを見ますと、日本では、こんな水害は起こるのか?ということを考えてしまいます。
私が知る限り、十津川水害が思い浮かびます。

十津川は、奈良県の山奥で、谷瀬のつり橋で有名な所です。

写真に写っています吊り橋の下に広がる、ダダッ広い川底は、その昔、V字谷だったそうです。しかし、明治22年8月に、日雨量1000mmを越える記録的豪雨により、このようなメカニズムで、堆積土砂が現在の河原を形成したようです(これは地震後の水害ではないですが)。日雨量1000mmって、そんな時代、どうやって計測したのか分かりませんが。。。
それで、結局、村人達は、北海道に移住したそうです。

地震は、水害と、全く現象が異なるので、無関係に思えるかもしれません。しかし、地震が起こった地域では、地盤が緩みますので、風化地盤が侵食されて無くなるまで、こんな水害が起こりえるのでしょうね。

日本でも、ここ数年、M7クラスの地震が起こっていますので、地震で地盤が緩んでいる地域では、このような大水害に注意が必要です。
試験お疲れ様でした
さて、今年も、試験が終わりました。

各方面から、試験問題を見せてもらいました。
また、後日、じっくりと内容を吟味したいと思いますが、今日は、簡単な感想です。
河川Aは、↓です。
Ⅰ―1事業再評価
Ⅰ―2プロジェクトマネジメント
例年と傾向がガラリとかわりましたね。問題をみて、椅子からズッコケタ方が多かったんじゃないでしょうか。
プロジェクトマネジメントは、総監の勉強をしている方なら記述するイメージが沸くと思います。しかし、作業部隊で管理技術者の手足となり、業務の末端(最前線)の立場だと、ピンと来ないかもしれません。
なんだか、コンサル会社の方よりは、行政の方に有利な内容かもしれません。
河川Bは、題意に細かな設定・制約を設けられていましたね。河川の設計系の方にとっては、難しかったと思います。しかし、地すべりが得意で地すべりを選択された方は、比較的楽に記述できたのではないでしょうか。



受講生の皆様
再現論文ができましたら、お送りください。採点いたします。
試験直前
8月に入り、いよいよ試験ですね。
今年は、梅雨明け早々、猛暑日が各地で続き、どうなるかと思いましたけど、暑さの本番はこれからのようです。
ロシアでは、猛暑のために死者が多いそうで、森林火災も酷いみたいです。それで、ロシアは、大干ばつの影響で、穀物の国外輸出を停止するそうですね。
この干ばつは、世界的なもののようです。もし、アメリカも、ロシアのように穀物輸出を一時停止したら、日本は即座に食糧難に陥ります。
円高だからといって、世界中から何でも買えるとは限りません。
でも、本当に必要とされている技術(例えば水処理技術とか)だったら、売れるかも知れませんね。

「何が世の中で必要とされている技術なんだろうか」、と考えてみますと、はたして自分のしている仕事は世の中の役に立っているのかな、、、、?。

さて、今週末に試験が終わったら、一段落です。
あと少しです、がんばりましょう!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。