河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
利水
皆さん、趣味はお持ちですか?
私は、真夜中にシーバス(スズキ)を狙うために、川に浸かりながら釣りを頻繁にします。
先日、リバーシーバス(川スズキ)を狙いに、膝下ぐらいの水深の瀬に入りましたら、稚鮎は沢山居ましたが、流量に乏しく、鱸の気配がなく、残念でした。
この時期は、田植えの季節だからか、田圃(農業)へ水を引くために、その下流で釣り(漁業)をしている人が少し我慢をすることがあります。
このように、利水にまつわる問題は、島国の日本でも地域間のシコリになりますが、世界規模でいいますと紛争の原因となります。
ところで、ライバルの語源は、リバー(ラテン語でrival)だそうですね。
右岸と左岸、上流と下流といった対立軸で、水を奪い合うことが、争いの原因となります。
他社の技術者同士ならば、良きライバルということで済みますが、それは仕事を奪い合う環境ではないからでありまして、
仕事が少なくなると、他社のライバルであっても、嫌な争いとなります。
同様に、水が少なくなると、争いが勃発しやすくなります。
まあ、日本の場合は、治水利水や下水の技術等が、諸外国より優勢なので、あんまり水の争いは聞くことはありませんけどね。日本には、宇宙で、おしっこでも飲めるまでリサイクルできる技術力もありますし、磐石でしょう。。

ところで、H14年度には、河川Aで、「国際的な観点から、水問題の現状と課題について論ぜよ。」という設問が出題されたようです。その後は、水問題が出題されていません。

国交省のHPで調べてみましたら、国際的な水資源問題への対応というものがありました。
そろそろ、水問題に関連した設問があるかもしれません。
例→「気候変動等によるリスクを踏まえた総合的な水資源管理のあり方について論ぜよ」
スポンサーサイト
大規模水害
内閣府では、「大規模水害対策に関する専門調査会」というのを定期的に開催しているようですね。その目的としては、大規模水害が発生しても被害を最小限に食い止めるための対策を行うことのようです。主な検討事項としては、次の通りです。

・大規模水害が予想された場合の各機関の緊急的な体制・行動のあり方
・被害想定に基づいた応急・救援体制のあり方
・緊急的な復旧・復興対策の確立
・大規模水害発生時の対策の的確な実施のための事前の備え

去年の設問では、「大規模な崩壊等により河道が閉塞し、天然ダムが形成された場合に懸念される災害の形態について論じるとともに、その対策及び留意点について述べよ。」という設問がありました。
同様なパターンとしては、「大規模な水害により、懸念される災害の形態について論じるとともに、その対策及び留意点について述べよ。」等も考えられます。
これは、都市内河川パターンで、はじめにの部分の記述を、題意に合わせ、「懸念される災害の形態」を盛り込むことで、対応できるはずです。

ところで、気がつけば、H21年度二次試験まで、100日を切りました。
実際には、約85日ぐらいあります。
85日間の後半は、論点を覚える時間、筆記練習時間等が、物理的に必要となります。それから逆算すると、5月末頃には、想定論文を準備しておいたほうがよいです。

あと残り少しです。85日がんばりましょう!

気分転換
GW真っ盛りですけど、皆さん、勉強は進んでいますでしょうか。
仕事、家族サービス、組織のゴタゴタ等、色々とあるでしょうが、今が重要な時期です。

少し、気分転換に、気持ちが明るくなるものを紹介します。
マット君という若者が、単に踊っているだけの画像ですが、なかなか楽しくなるものです。
クリック再生後に、右下の右から3つ目の「HD」ボタンを押すと、高画質で、美しい風景となります。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。