河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
選択科目の整理
ここ数日は、河川、砂防及び海岸・海洋の過去問題を整理しています。
どうしても私は、土砂災害関係に目がいってしまいます。
それで、H12土砂災害防止法が成立してからは、ハード対策よりもソフト対策に関する事柄がよく出題されているようですね。特に、H16の福井災害、豊岡災害等が効いてるでしょうか。また、毎年のように、大規模地震が発生してるので、土砂災害が頻発しやすくなっていることも、背景にあるはずです。
ところで、土砂災害のソフト対策の課題としては、どのようなものがあるのでしょうか。

ソフト対策の一番の課題は、警戒避難基準雨量の的中率が低く、狼少年となっていることだと思います。とにかく、半減期等を色々といじっても、ブルンブルンと空振るんです(的中しないんです)。設定していた側が言うのも、なんですけど。
これは、津波、地震、火山の世界も、共通しているんじゃないかなと思います。
とにかく、学術的に素晴らしい理屈の手法だとしても、自然現象が的中しないものは、世間が信用してくれないんですね。
まずは、この課題をクリアするための方策が必要なんでしょう。

------------------↓土砂災害関係の設問----------------------
H19:国や自治体の危機管理が間われるような大規模土砂災害の代表的災害形態と対策上の留意点について述べるとともに、土砂災害に対する危機管理体制の課題と今後のあり方について論ぜよ。
H18:土砂災害による被害を効率的に抑制するためには、構造物による対策のみならず、いわゆるソフト対策の展開も重要と考えられる。土砂災害の特質を述べた上で、講ずべきソフト対策の技術的課題を論ぜよ。
H17:大規模地震時に発生する土砂災害の形態と周辺環境に及ぼす影響を解説し、その対応を検討する場合の留意点を述べよ。
H16:土石流対策についてハード・ソフト両面から有効な実施方策を論ぜよ。
H15:土砂災害を防止するために、行政の「知らせる努力」と住民の「知る努力」が必要となっている背景と、具体的手法及びその効果について述べよ。
H14:中山間地における土砂・洪水による災害への対策のあり方について地域社会との関係で論ぜよ。
頭の栄養に
先日、本屋をウロウロしていましたら、山積みになっている本があったんで、買いました。
「ジョセリーノ未来予知ノート」ってタイトルの本ですが、ブラジル人の予言者の本だそうです。
どうやら、TV木スペで取り上げられてから、Web書店で1位を獲得したらしいです。ノストラダムスの大予言というのがあったんですが、そことの違いは、予知夢を頼りに事前に当事者に送付した手紙があったり、的中率が9割だったりとのことです。
非常に気になった内容ですが↓だそうです。

・2008/9/13 M8.6 (東海)3万人被災  地震は中国かもしれませんとのこと
・2009/1/25 M8.9(大阪神戸)数十万人被災
・その他多数
毎年のように、M8クラスの巨大地震がくるとの予測です。
確かに、日本は、阪神大震災以降、大地震の70年サイクルに入ったと言われている、不思議なことではないです。

その他、2010に、世界大恐慌になり、その後日本には、ハイパーインフレがやってくるとのことです。ん~、これは、経済学者さんの予測と同じなんで、一般的な認識ですね。私も、それぐらいにハイパーがくるような気がします。2008、2009にそんな巨大地震がきたら、日本経済は、まあ、もたんでしょう。

その他、
・2014から2025には、地球に衝突する可能性のある小惑星が近づいてくる。また、2029年には、別の惑星も近づいてくる。
ん~、ここまでくると、カタストロフィーバイアスの世界ですね。
ちなみに、小惑星が衝突したら、↓のようになるんですよ。
地殻津波、岩石蒸気・・・・、等、聞きなれない言葉がでてきます(ユーチューブ)。
→これは、理学系の方なら好きな世界かな http://www.youtube.com/watch?v=hu-iYG-mgpo

まあ、時々、こんな気分転換も必要ですかね。
私の経験から
私の技術士二次試験の体験を書いてみます。
私は、業務経歴が9年、受験4回目で、H13年度試験に合格しました。
H10、11、12の受験では、最後まで記述することができませんでした。
全くのお手上げ状態で、特に、H12では、午前中に棄権した記憶があります。

しかし、H13は、4月から本格的に勉強しました。
<一般>
建設白書、JACICを読みあさり、国の考え方を確認しました。この年に、初めて、建設コンサル以外の世界を知りました。また、国が抱えている課題も知ることになりました。
4月末までに、3本の論文を作成しました。パターンとしては、1財政難で高齢化における今後のあり方、2地球温暖化、3防災といったものです。
<専門>
私は、自信の砂防バカを認識していましたが、専門問題に河川がよく出題されるんだなと感じました。そこで、砂防以外の論文を組み立てました。具体的には、1流砂系、2都市内河川、3水循環の論文を揃え、補足として4土石流対策を、5月に揃えました。
<体験論文>
これは、1前の会社の上司、2某県の技術士(釣り仲間)、3プロの添削屋さん(河川・水道)に、叩いて頂きました。3の方のお蔭で、非常に凄い論文になりました。。
論文は、5月末までに仕上げました。

勉強時間は、4月~8月試験まで、毎日、5時間は勉強にあてました。土日は、8時間以上はしたと思います。
方法は、丸暗記です。また、丸暗記の後、口で話したり、紙に書き込んだりもしました。インプットだけでなく、アウトプットするのは、大切です。アウトプットするためには、自分の頭の中の格納庫に整理しないとできなないからです。

と、まあ、天才的なテクニックではなく、力づくで古典的な方法で勉強したような感じでした。
試験勉強をするために、物理的な時間を割くことも必要だと思います。

みなさん、どんな勉強方法をしているのかなぁ。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。