河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
新知事
大阪に新知事が誕生しましたね。
私は、高校生の頃までは、大阪市内の私立高校に通っていたので故郷に愛着がありますし、新知事と同年代なので、これも親近感が沸きます。

ところで、新知事曰く、新規府債は、発行しないとのことです。
ついに、来るところまで来たか・・・というのが感想ですね。どこまで実現するのかは、お手並み拝見ですが。
まあしかし、遅かれ早かれ、こんな状況になるので、早く手を打つだけのことで、先延ばしを止めたのでしょう。これから数年の間は、全国各地でこのような事態が起これば、新規事業は、激減するでしょう。
残るは、福祉、警察、教育等で、建設関連事業としては、防災程度しかできなくなるのでしょうか。そうなれば、設計、工事なんかも、大昔のように、直営でやったりして。
2007年人口ピークをきっかけに、経済が逆回転しだしたので、首から上の発想も逆回転しないといけません。
目前に迫っている世界各国のバブル崩壊になれば、尚更、逆回転が加速するので、発想を変えるならば、早めのほうがいいんでしょう。
つくづく、今の自分の技術力に、お金を払ってくれるような外国人が、はたして居るのか否か考えておかないと、この道を生きていけないのかもしれませんね。
スポンサーサイト
専門科目の出題傾向
このブログのそもそもの目的なんですが、添削講座のために、過去問題を整理しています。過去問題の整理は、受験生自らが行うと本人のためになるんですが、慣れたら単なる作業になってしまします。
それで、3月15日を目処に、具体的な講座内容を整理しているところです。

ところで、試験官は、どのようにして採点しているのでしょうか。
私は、何か採点基準となるような資料を片手に、キーワードや論点をチェックしているのだろうと思っています。
そのためには、出題傾向毎に論点をパターン化していくと、うまくいくと思います。
当面、ここ数年の出題パターンのデータ整理に追われそうです。
受講生に対しては、過去問の資料を御提出できればと思います。
投資
今日は、口頭試験も終わり、午前中はまったりしています。昼から仕事ですが。

さて、ガソリン暫定税率で、政治家の攻防が熱を帯びてきました。
自民は、道路整備やメンテナンスで、財源が必要とのことですけど、国民のアンケートでは、もう道路は要らないという声もあるようです。

ところで、投資先は、道路以外にないのでしょうか。
この先、日本がどうなるのかは、よく分かりませんけど、アメリカの失速で、日本も、更に落ち込む可能性もあるし、BRIC'Sに抜かれる勢いです(もう抜かれているのかな)。
そうなれば、経済破綻後に、BRIC'S相手の商売として、日本に何が残るんでしょうか。

私が思いつくのは、日本の科学技術力です。

BRIC'Sになくて、日本にある技術が何でしょうか。汚染水の処理技術、重金属の精製技術、CO2が排出されない車、水確保技術・・、色々あるはずです。まずは、発展する国々のニーズを掴むことが大切なんじゃないでしょうかね。そういうのに投資するのが良いのか、道路整備に投資するのが良いのか、その他のに投資するのが良いのか、根本から議論してほしいですね。ガソリン暫定税という呼び方をやめて、科学技術開発税でもいいです。
そのような分野の技術開発や研究に投資するために、暫定税率は維持するというのなら、私は納得して高いガソリンを払ってもいいですヨ。

口頭試験
今年度は、総監と応用理学を受験して、総監のみ口頭試験までこぎつけることができました。それで先日、6年振りに、東京渋谷の道玄坂のフォーラムエイトにいってまいりました。
口頭試験の内容は、追々、ここでアップしていく予定です。

口頭試験の準備では、模擬面接を、6回ぐらいやりました。お金を払ってのセミナーだけでなく、友人や前の会社の人等、とにかく、各方面にお願いしてみました。かなり本気です。

今回の試験では、模擬面接の中で感じたことや議論したことが、自分の言葉で発言できたのですが、完全燃焼できました。8月試験前よりも、口頭試験前のほうが、勉強したかもしれません。
今年も、この勢いで、応用理学部門を受けるつもりです。
リスク対策
世間は、明日から3連休ですね。
そんな私は、今月末から、3月中旬まで休めるのだろうか、激務が待ち構えています。

ところで、ハード対策のみならず、ソフト対策も重要ですという、この概念は、常識的なものになりました。
例えば土石流や洪水対策で、ハード対策は、ダムや護岸の整備ですが、ソフト対策は、リスクを低減、回避する方法になります。具体的にいえば、ソフト対策は、どこに逃げるか、どうやって逃げるか、いつ逃げるか、逃げる時はどこが危険なのか、危険なエリアには住まない等、様々なものがあります。
少し視点を変えまして、応用してみますと、経済津波とも呼ばれているハイパーインフレなんかも、ソフト対策で乗り切れるかもしれません。例えば、資産を海外に移すとか、インフレの影響を受けないものに資産を変える、ということでしょうか。
その他、会社が潰れたらどうしようか→自分で会社を作る、又は、転職する
人間関係がこじれたらどうしようか→他に人間関係を築く
人生全てに対して、ソフト対策やリスク対策は大切ですね。

この冬の私は、インフルエンザの予防接種をしているのですが、これもリスク低減になるんでしょうね。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。