河川、砂防及び海岸・海洋
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
合格発表
昨日は、技術士合格発表がありました。
口頭試験を受けた受講生からは、合格の通知があり、ひとまずは、肩の荷がおりました。
今後も、よりよい情報交換のネットワークが出来ましたので、嬉しい限りです。

PS
28日から本日まで、毎日出張が続き、毎晩のように宿を転々とする生活が続いていたため、メールの返事が遅れていました。今月は、このようなことが続きますので、ご了承ください。
スポンサーサイト
合格発表
今日は、合格発表日です。
筆記試験に合格された方からのお喜びのメールもありました。

<合格された方へ>
過去に口頭試験で落とされた方々を沢山知っています。
当面は、11月締め切り日までに体験論文を書き切り、その後は、過去の様々な口頭試験時の事例を参考に、質疑応答を想定してください。
油断大敵です。

<残念だった方へ>
本当に残念でしょうが、今から気持ちを切り替えましょう。
今年合格しようが来年合格しようが、数年後に過去を振り返れば、合格した年に大した意味はありません。年度が違うだけです。
最後に笑うためにも、是非、再チャレンジしてみて下さい。
合格発表前
さあ、いよいよ27日は、合格発表ですね。
27日に合格した場合は、11月9日までに日本技術士会へ体験論文を提出する必要があります。
そのため、今日と明日は、合格発表前の最後の休日ですから、じっくりと論文内容を詰めてください。

発表は、以下のHPです。
・文部科学省(10月27日 掲載予定:時間未定)
http://www.mext.go.jp

・日本技術士会(10月27日 午前9時より掲載予定)
http://www.engineer.or.jp




受講生の皆様へ
27日に合格された方は、できれば早めに、私宛に論文をメールしてください。
即、添削を開始致します。
対策講座
技術士試験が先々週に終わり、盆休みは、ゆっくりできました。
ところで、今後の予定としましては、10月27日に合格発表があります。合格者は、11月9日までに技術的体験論文を日本技術士会へ提出することになっています。
今年度の受講生の中で、10月27日に合格された受講生に対しては、技術的体験論文の添削を10月27日~11月9日までの期間に実施し、口頭試験日まで個別にアドバイスを行ないます。
それが終わりましたら、H21年度技術士対策講座は、ひとまず完了いたします。

なお、H22年度に向けた技術士受験対策講座は、12月頃から募集する予定で考えています。
今年度は、既に、実務(公共事業)が稼動していますので、年度末が忙しくなりそうです。そのため、大量に受講生を受け入れることはできませんが、出来る限りの対応をしていきたいと考えています。
試験日
受講生の皆様へ

本日は、技術士試験が実施されましたが、実力は出し切れましたでしょうか?
復元論文が出来上がりましたら、お送りください。

今後は、11月上旬に体験論文を提出する必要がありますから、この秋は、論文作成する必要があります。また、12月からは、口頭試験があることも、頭に入れておいてください。
10月末の発表直後から準備をスタートさせると、準備不足のまま面接を受けることにもなりかねません。
そのため、本日から頭を切り替え、今後の段取りを考えて見ましょう。

まあしかし、当面(8月)は、ゆっくり休んで充電しましょうか。

お疲れ様でした。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。